無料ブログの不安要素

アフィリエイトなら継続報酬!マイメディア工場

初心者必見!無料ブログの不安要素。

 


当サイトはマイメディアを形成する!マイメディア工場です。

 

マイメディアなんてカッコつけた言い方していますが、要はインターネット上で、自分の情報発信のスペースを作ると言う目的の情報サイトです。

 

つまり、自分のメディアを構築し、ネットビジネスに取り組んでいくための、どちらかと言うと初心者向けのサイトになります。

 

ここへ訪れたアナタはおそら何かしらの情報発信をして集客し、アフィリエイトや自社製品の販売をインターネット上で行って展開していきたいとお考えのハズです。

 

多くに人が初めて使うメディアとしては、FacebookやTwitterなどのSNSや、アメブロ、FC2ブログと言った無料ブログが多くを占めています。

 

特にアフィリエイト広告と言えば、ブログになります。

 

しかしながら、長期的にアフィリエイトするには、やはり不安になりますよね?

 

無料ブログの不安要素とは?

 

  • 規約変更でアフィリエイトが不可能になる。
  • 良くわからないけど急に削除される!
  • 将来的にサービスそのものが終了しないか?

 

 

そんな不安要素がありませんか?

当然、他人の媒体を無料で使用させて頂いている以上は、何があっても文句は言えません。

 

 

規約変更

 

規約変更に関して言えば、曖昧な部分もありますが、何か事が起きれば急にボルテージを上げて、規約違反内に入ってしまう事があります。

 

 

急な削除

 

意味不明に削除される事が稀にあります。

特に違反したわけでも無いのに・・・

そんな不条理な事が時よりあります。

 

とは言え無料で利用させて頂いている以上は、文句言えません!

まさに泣き寝入りとはこの事です。

 

将来的にサービスが終わらないか?

 

これも無くもないことですが、アメブロが今すぐ消える事はありません!

なので、これは本当に稀な出来事か、ブログと言う文化に変わる何かが登場し、ブログを使う人がいなくならない限りはなさそうです。

 

 

アフィリエイトサイトに対する風当たり!

 

 

特にアフィリエイターに関しては、風当たりが強いのは現実。

アメブロはアフィリエイトが禁止なくらいです。

 

なので、アフィリエイトしたい場合は、アメブロで集客し、アフィリエイト出来る別のブログへのリンクを貼り、そちらに移動してもらい、そこでアフィリエイトすると言う流れががセオリーとなりつつありました。

 

しかし、最近では独自ドメインとレンタルサーバーを借りて、ワードプレスやHTMLサイトでを自社運営した方が、長い目で見てもメリットがある事から、最近では、自社運営がスタンダードとなりつつあります。

 

ただ、全くブログを初心者が独自ドメイン、レンタルサーバー、ワードプレスやHTMLサイトと何のこと??

 

といった感じですよね?

 

だた、上記の知識は今後も必要になります。

 

その中でも、HTMLはの知識は最低限必要になります。

 

例、上記のHTMLと言うテキストリンクは、HTML表記では以下の通りです。

<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/HyperText_Markup_Language" target="_blank">HTML</a>

 

勿論、私もプログラマーでも何でもありません。

ただ、ホームページを運営する上で最低限のHTMLの知識は必要であり、覚える何かと便利です。

 

 

HTMLが学びやすい、親しみやすいのがブログは?

 

このHTMLが学びやすい、親しみやすいのがFC2ブログではないでしょうか?

 

FC2ブログは記事入力画面で、HTMLで入力になるんですね。

 

勿論、普通に入力すればSNSみたいに普通の入力が可能と言う、優れた入力画面です。

そして、アフィリエイトに制限はありませんし、特に男性は喜ばしい大人向けのアフィリエイトも可能です。

 

なので、サイトに運営の練習の意味を兼ねても、FC2ブログをお勧めします☆

 

 

⇒FC2ブログ

 

 

 

また別のサイトにて、ドメインの取得やサーバーなどの選び方、集客方法について等をまとめたサイトを構築する予定ですので、是非参考して下さい。

 

 

 

アフィリエイト初心者向けの無料レポート

 

タグ :  

ホームページを持つ! 実践する。    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: