アフィリエイトなら継続報酬で権利収入を構築する!

アフィリエイトなら継続報酬!マイメディア工場

ブラインド勧誘が問題!MLM業界にメス!

 


ブラインド勧誘不要ネットMLMならADS

 

最近はすっかりとMLMネタになってしまいましたが、私がアフィリエイトで継続報酬つまり、権利収入を構築出来、今までにないくらいに貯金が出来ているのもこのMLMで勉強したお陰である事は否めません!

 

アフィリエイトのジャンルの選定も含めてMLMつまり、ネットワークビジネスからのヒントは大きいのです。

 

なので、MLMの仕組みそのもには大きな可能性を感じています。

 

しかしながら、偏見が異常なほど多いのも事実です!

 

その原因は過去の先人たちがやらかしたからと言えます。

 

そして、ネットワークビジネスやってますと言いづらい状況に追い込まれてしました。

 

ネットワークビジネスやってますなんて言えば、かなりの確率で人間関係を揺るがす事となってしまうのが現状です。

 

そこで、使う手法がブラインド勧誘です!

 

ではそのブラインド勧誘の実態はどの様なものなのでしょうか?

 

凄い話しがある!会わせたい人がいる!のフレーズから始まるブラインド勧誘

 

ネットワークビジネスと言う事を伏せながら、上手く相手を誘い出し、セミナーに動員やホイラーのABCでクロージングをかけていく手法がベターになりました。

 

まずアナタがMLMの経験があれば必ず興味付けをしなさいと教わるハズです。

 

つまり、アポイントを取る際に喋り過ぎない様にしなくてはなりません。

 

これはビジネスにおいて決して間違った事ではありません。

 

興味付けをして、セミナー会場に動員してからクロージングする方が成約率は高いのは統計的に見てもわかります。

 

アポイントからセミナー動員・ABCの主な流れはこちらで解説>>

 

 

アフィリエイトの場合もテキストリンクの方がクリック率が高いのも、興味付けをした誘導文が多いからと言えます。

 

ネットワークビジネスではNO!!逆効果に?

 

しかしながら、約50年の歴史があるネットワークビジネスにおいては、冒頭でも触れた様に、先人たちがやらかしてしまったが為に、かなり印象が悪い訳です。

 

そして流石に国も動いて法整備も進んで来ました。

 

ただそれでも悪評だらけな理由は、強引な勧誘になるのですが、その中でも、ストレートにネットワークビジネスやっている事を伏せて行うブラインド勧誘なのです。

 

ブラインド勧誘は企業側で禁止していますが、それでも上手くそこをくぐり抜けてブラインド勧誘三昧なのも現状です。

 

ブラインド勧誘をしているリスト作りの時間は、プライベートでやっていると言う事になっている様です。

 

ブラインド勧誘の実態としては、SNSの場合は、

 

  • 起業する仲間を募るコミュニティ
  • オフ会しよう!とカラオケ等の遊び仲間を募るコミュニティ(私がやっていたコミュニティです)
  • SNS型の出会い系サイト

 

この様にSNSでの様々なコミュニティ活用して勧誘を行っています。

 

もちろん自分がディストリビューターである事を告げて仲良くなるのは良いのですが、それではほとんどの人が離れて言ってしまうのが現状と言えます。

 

大手MLM企業のモデーアの例では4ヵ月も掛けて親密な関係を気付いた上で、最終的ネットワークビジネスやってます!と正体を明かすと言う問題行動が今も尚続いているいる様です。

 

何度も言いますが、モデーアは製品、研修プログラムに関して言えば非常に優れています。

 

しかしながら、世の中の人全員が興味あるわけではないのです。

 

それに輪をかけてブラインド勧誘を行っていては、興味に無いひとは煙たがる一方です。

 

これが負の連鎖として掛け算式に広がってしまい、ブラインド勧誘と言う名の業界用語まで作り上げてしまったのです。

 

これに至ってはモデーアだけではなく、世界の大手アムウェイを中心とした大手MLM企業も同じと言えます。

 

ブラインド勧誘で上手くいけば、みんな大成功してお金持ちです(笑)

 

しかしながら、多くの人は友達無くします。

 

それでもセミナーと言うある種の洗脳教育によって、外部からの情報は遮断されます。

 

やがて経済的な体力が衰退して、身動きが取れなくなり、情報がセミナーだけになります。

 

視野が狭くなる一方で、成長も止まります。

 

そして、最終的には辞める事になるのです。

 

私も借金はしませんでしたが、経済的な体力が理由で辞める事を決断しました。

 

これが辞めるほとんどの理由ではないでしょうか?

 

辞める人が増える事で、グループの流通をキープする事為の買い込みも止む得ない状況になり、残されて人が更に追い込まれてしまうのです。

 

一方で不満を抱えて辞めた人は、ネット上で大爆発を起こします!

 

更なる悪評が広まる事となります。

 

つまり負の連鎖が続く事になるのです。

改善策の一つはネットMLMに乗り換える!

 

2ちゃんねるが目立つ様に、今やネットの時代です。

 

しかしながら、誹謗中傷を言い合う2ちゃんねるではなく、もっと良い情報を提供する事が望ましいと言えます。

 

その一つがMLMを正しく伝える事です。

 

 

その正しく伝える事の手段の一つがネットMLMです。

 

 

ネットワークビジネスやってます!と言ってもネットビジネスやMLMに興味がある人だけを集める事が出来るのがインターネットです。

 

しかしながら、ほとんどのMLM企業はネットを禁止しています。

 

一方で業界の問題点にいち早く着目し、インターネットを取り入れて、今も尚組織を伸ばしているが、

 

 

ネットMLMの先駆けであるADSです。

 

 

ADSのMLM展開は至ってシンプル!

 

アポイントは取らずに広告をクリックしてLPに誘導するのみ!

 

つまりアフィリエイトを行うと言う事です。

 

もしアナタが今、今取り組まれているネットワークビジネスで悩んでいる様でしたら、選択肢の一つとして、ネットMLMに乗換えてみませんか?

 

乗り換える決断もビジネスにおいてセンスと言えます。

 

少しでも興味が湧いて来られてたのであれば、まずは下記のボタンリンクをクリックして、リンク先でプロモーション動画をご覧下さい。

 

 

ブログアフィリエイトするネットMLM ADS

 

 

アフィリエイト初心者向けの無料レポート

 

タグ :      

ADS MLM アフィリエイト ブラインド勧誘 モデーア体験 権利収入    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: